Logo.jpg

後遺症,慰謝料請求など労働災害は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい。

ImgLH1_1.jpg

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 当事務所の特徴
  • 労働災害
  • 賠償金の計算方法
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 解決事例
  • 右腕の傷害につき後遺障害(14級9号)が認定された事案

右腕の傷害につき後遺障害(14級9号)が認定された事案

解決額

約1100万円

事故発生

山本康夫様(仮名・35歳・男性・千葉県鎌ヶ谷市在住)は仕事の帰りに車を運転中、高速道路で加害者と衝突して負傷しました。

後遺障害と解決まで

山本様は労災保険を利用し、特に右腕の傷害につき約1年半の治療を継続しました。最終的には労災保険で14級9号、自賠責保険で14級9号の認定を受けた上で裁判を提起し、治療費を含めて総額約1100万円を受領する和解により解決しました。

当事務所が関わった結果

当事務所が関わった結果、治療費を含めて1100万円を受領する裁判上の和解により解決をすることができました。

1 後遺障害認定について

労災保険・自賠責保険共に、給付額が特に大きくなるのが後遺障害部分です。当事務所では、後遺障害認定の専門家、整形外科医、画像鑑定専門の放射線科の医師などと連携していますので、適切な後遺障害認定を受けることができました。

2 労災保険と自動車の任意保険の関係について

労災保険と自動車の任意保険では、一般には労災保険の方が被害者に優しいと言われています。治療費の支給期間や後遺障害の認定の有無について、労災保険を使用するメリットは大きいです。

また、本件事件でも交通事故の任意保険で治療費が打ち切りされましたが、引き続き労災保険の申請をすることにより、治療期間を約3ヶ月延長することができました。

3 労災と任意保険の充当関係について

交通事故の加害者に金銭を請求する場合、労災保険で受領した金額を控除すべきかどうか、及び控除する場合にどの範囲で控除するかについては細かいルールがあります。保険会社の担当者や裁判官も見落とすことがある位ですので注意が必要です。

*プライバシー保護のため、事実関係を多少変更してある箇所がありますのでご了承下さい。

Copyright © 2018 よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.